シャンソン化粧品 女子バスケットボールチーム 公式WEBサイト

トピックス

HOME | トピックス | 2017年 | 【新加入】阿部真弓コーチ


 
 

プロフィール



名前:阿部 真弓(あべ まゆみ)
コーチ
血液型:A型
生年月日:1984年6月14日
出身地:北海道
経歴:札幌山の手高→シャンソン→アイシンAW→日立ハイテク(現役引退・アシスタントコーチへ)→東京羽田→シャンソン
 

羽田ヴィッキーズから来ました、阿部真弓です。コーチとして所属致します。
シャンソンでは3年間、選手としてお世話になって、そこからアイシンAWで3年、日立ハイテクで2年間、選手として活動した後、日立ハイテクでアシスタントコーチを2年、羽田では4年アシスタントコーチをやらせていただき、再びシャンソンに戻って来ることができました。これからよろしくお願いします!
 
シャンソンについて

自分が所属していた頃と比べると、年齢的にもかなり若いチームになったなというのが率直な感じです。サラ(渡辺由夏)さんやキー(池住美穂)さんが少し前に引退してしまって、私が同じコートでプレーした選手はいなくなってしまっていたので。でもチョンヘイルヘッドコーチになって鍛えられてるなというのは感じていました。でも実際は年に2回しかシャンソンとは対戦が無かったので、あまりじっくり見られたわけではないのですが、勢いがあるチームだなというのは感じていました。
 
チョンHCについて


一緒にやれるのが本当に楽しみですね。チームを勝たせることはもちろんなんですけど、コーチとして、あれだけ素晴らしい監督の下で、チームを作っていくところからその力になれるというのが、コーチとして最高の場だと思いますし。もちろんチームから求められているのはそれだけではないでしょうけど、今はすごく楽しみですし、チャンスかなって思っています。自分自身も学ぶチャンスですし、それを選手に還元していくことが私に求められていることだと思っています。その為にも、まずは私がチョンさんのことを一番に理解しなくてはならないと思います。そして、チョンさんが考えていることを私が間に入ることでより選手に伝えられればと思います。
 
目標は?

目標は一つしか考えてないですね。日本一、そして女王奪還という、目指すところはそれしかないと思います。
シャンソンというこのチームだからこそ思い切って断言できるというか、それが見える位置にいるチームだと思っていますので。目標がハッキリしているので、やれることも、行うことも明確なのかなと思います。
 
選手に伝えたいこと


一番感じているのは、「環境の素晴らしさ」です。私は高校卒業から3年間シャンソンにお世話になったのですが、その時はルーキーだったので、毎日がいっぱいいっぱいで気づけなかったんですが、すごく恵まれた環境だったんだなと本当に思います。体育館も新しくなって、選手が使いたい時にいつでも使えますしね。設備だけではなく、バスケに集中させてもらえる環境を含め、会社のバックアップだったり、応援団の存在だったり。そういった環境に感謝をするということが、当たり前のようで、そこにいると気づけないことがあると思うんです。幸い私はいろんなチームを見てくることができたので、この環境がどんなに恵まれた環境なのかよくわかりますし、そういった感覚も選手自身に気づいてもらえるように伝えていきたいと思っています。選手自身が気づいてくれれば言動も変わってくると思っています。必死さとか、思いやりとか、いろんな面で変わるんじゃないかと。何度も言うようですけどシャンソンは本当に恵まれた環境なんです。私は選手としてシャンソンに在籍していた時に全く活躍できなかったので、今こうして再び呼んでいただいて本当に感謝しかないです。プレーで貢献できなかった分、今度はコーチとして、必ず会社に恩返ししたいと思っています。私がシャンソンにいた3年間は、偉大な先輩たちとともに優勝を経験することができた本当に貴重な時間でした。今はメンバーも時代も違うとは言え、やはり優勝するチームの選手たちは、自分たちで考え、自分の責任で行動していました。練習も本当に厳しくて、監督より先輩の方が怖かったですからね。でも練習以外では本当に面倒見がよくて、いろんなところに連れて行ってもらったり本当にお世話になりました。優勝を狙うにはどうしたら良いのか、偉大な先輩方から学んだいろんな事を、私は今のチームに伝えなければいけないと思っています。
そうは言ってもシャンソンはトップレベルにあるチームだと思っていますので、選手の意識も当然高いと思うんです。一方的に私が思っていることを言うのではなく、まずはお互いを知った上で信頼関係を築いて言い合える環境を作らなければと思います。そこからは時に厳しく、オンとオフは使い分けながらやっていけたらと思います。
 

(2017年6月1日掲載)